FileNo.2 (株)かんとりい

■事業内容:「毎日おいしいオーガニック」 野菜、米、加工品、酒類から日用雑貨までオーガニック・ナチュラルな商品の販売


かんとりいは、食品、生活雑貨、化粧品などなど幅広いジャンルのものを販売しているお店です。経営理念「環境に配慮した商品の販売を通じ、楽しく安心できる社会を目指す」が示す通り、取り扱っているものは奈良県産の有機野菜、保存料・着色料・香料・界面活性剤といった化学合成された材料不使用の洗剤や化粧品など買う人の健康を考えて選び抜かれたものばかり。オーガニック、天然由来といった一貫したこだわりに加え、生産される過程が環境や人権に配慮されていたかも取り扱い条件に入れています。


店内の目につくところにSDGs17の目標とともに、誰もが日常生活のなかでできるアクションの提案、かんとりいのお客さんへの思いなどが綴られたPOPがありました。そして商品の名前と値段の横にはSDGsのどの目標に該当するかも提示されていて、見ると希望がわいてくるカラフルな陳列棚になっています。


このようなSDGsを「見せる」店内にしたことで、お客さんの注目度がアップしただけでなく、スタッフとの社内の方向性共有に役立っているとのこと。


 


【SDGsのゴールで見ると】


とにかく、店そのものがまるごとSDGsであり、17の目標全部に該当、と言いたいところですが、強いて挙げるならば、健康に良いものということを最重要視して厳選された商品であることは「3.すべての人に健康と福祉を」にあたります。


また、化学合成物不使用の商品を売ることが生産者も消費者も生態系を守ることにつながりますので「12.つくる責任、つかう責任」にあたります。


そして「10.人や国の不平等をなくそう」。なぜかというと例えば途上国から公平な取引で調達された「フェアトレード」のチョコレートなどを取り扱っているからです。


(「DOYUなら 338号」掲載)


執筆者:ア・マ・テ・ラ・ス 寺前美加