2021年3月 中和南和支部合同例会
地域企業にとってのSDGsの第一歩

2021年3月 中和南和支部合同例会0
報告者

太田 宜志氏  一般財団法人 南都経済研究所 副主任研究員

テーマ
地域企業にとってのSDGsの第一歩
開催概要
2021年3月24日(水) 18:30~
2021年3月 中和南和支部合同例会
①奈良県産業会館  ②ZOOMにて
この報告の例会・行事詳細はこちら

    参加された方の声

    例会報告から学んだこと、感じたことなどを率直にお書きください。

    経営デザインシートがとても良かったです。未来から逆算して今何をすべきかが見えてきました。

    分かりやすく、大変面白かったです。わたくし自身、SDGsという言葉を2年前に太田様から教えて頂き、その後自分で勉強をしました。最近そのことで助けられることが多く、あの時聞いていて良かったと最近つくづく思います。コロナ禍において、他社様から廃材で何か作ろうという企画が持ち込まれることも多くなり、自分自身の興味もあって最近色々サンプル起こしをしています。グループ討論では、葛城工業様での取り組みが参考になり、自社でも上手く仕組みに取り込めるようにしていきたいと考えています。経営デザインシートでのワークも今まで苦手だった10年ビジョンなどが、すっと頭にはいてくるような感じがしました。後、副次効果みたいなものですが、太田様の知識が深く語彙力がかなり高くいらっしゃり、表現方法などがスマートで今まで伺った研修の中では一番その面で勉強になりました。(私の中では断トツでした)

    中小企業がSDGsに取り組む第一歩。
    誰にどんな価値を提供?課題が解決された姿を思い描く。
    表現するための戦略/仲間/実践のポイントを学べた。