Doyuなら357号編集後記より

「広報(PR=パブリックリレーションズ)が増強(組織強化)につながる」

1月20日、広報・組織強化委員会合同の研修会が開催された。よく耳にする「PR」という言葉は、宣伝・広告のようなイメージをしがちだが、本来の意味は組織を取り巻く人間が、より良い関係を創り出すための考え方や行動の在り方という意味。今回はそれを強め、自社の流れに組むことで組織自体が安定し、結束が強くなり得るという部分に着目しての学びの場だった。

ポストイットにアイデアや取組みを書き出し、模造紙に貼るKJ法を活用して、ワールドカフェ形式でのテーブル討論。案外共通する問題点や悩み、そして人や金の動きを垣間見ることができ、他社の意見も素直に自社に照らし合わせて考える事ができた内容だったのではないだろうか。広報情報化委員会では、来期も何らかの形で各委員会とのつながりを強化していきたいと考えている。

執筆者:株式会社フィクラわんぱく坊主 堀川 晃弘

広報・情報化の例会・行事予定

2024年7月 全県例会

自社の魅力を開発していますか? 魅力の発信をしていますか?

2024年7月 全県例会

2024年7月12日(金) 18:30 開始

報告者

栗山 ゆかり 氏 広陵町 地域振興部長

清水 裕子 氏 畿央大学 准教授

東田 誠次 大和化学工業株式会社 代表取締役

益井 貴生 株式会社office masui 代表取締役

場所

広陵町ふるさと会館グリーンパレス5F