共同求人委員会について

求人活動などを通して「働きたい」と思われる魅力的な企業づくりを学びあいます。

1.委員会ではこんなことを目指して活動を行っています。

採用を通じて、自社の課題、経営者の課題、地域の課題、学生の課題、奈良同友会の課題を解決するべく、以下5つの観点を大切にします。

採用を課題にしている

  • ① 県内企業は、採用を強化する場(今はまだ会員ではない企業にも関わります)
  • ② 会員企業は、採用を通じて良い会社づくりを学び実践していく場
  • ③ 教育機関は、奈良で就職を希望している学生を良い企業に就職させる場
  • ④ 学生は、奈良の良い会社に就職する場
  • ⑤ 奈良同友会は、採用という魅力的なコンテンツを確立することによって、会員増強するなら奈良同友会の共同求人委員会だと地域の内外からあてにされる経営者団体にしていく場

として、地域に影響力を持ち、自社の採用強化や良い会社づくりが進むことを目指して活動していく委員会です。

2.令和3年度には方針に従ってこのような活動を行ってきました。

  • 合同入社式でメディア連携して地域発信
  • ナラワクを進化させて学校(キャリアセンター)や学生との繋がり強化、及びナラワクの自社求人記事作成プロセスから自社社員との本質的なコミュニケーション
  • 大卒・専門卒・短大卒の新卒だけでなく、高校新卒や中途採用にも課題を持つ会員が学べる場づくり
  • 奈良同友会共同求人委員会として目的の共有深化や、まずは取り組み始める事など、黎明期としての礎創り

3.委員会活動の日程事務局共有していればその日程

合同入社式 4/1212:00~

委員会 14:00~5/10、6/14、7/12、(8月以降はまだ未定。基本的には第二火曜日の14時から)

4.委員会に参加いただくことで得られる学び、成長できること、議論により深められることはこんなことです。

企業としては、採用力強化と、採用に向き合うことこそが自社をより良くしていく最大のイノベーションだという本質や手法を学べます。

経営者としては、地域に関わる機会から経営者としての大幅なレベルアップが出来ます。

5.どんな課題や問題意識を持った会員に参加いただきたいですか?

人財不足、社員が自社に誇りを持てていない、会社側に立つ自主的な社員を増やしたい、会社として社員と一致団結出来ていない、奈良の地域の未来をより良くしたい等に課題や問題意識を持つ全ての経営者。

共同求人委員会の活動報告

共同求人委員会 2022年度 幹事一覧

担当会員名企業名企業役職
委員長中野 愛一郎(株)イベント21代表取締役社長

共同求人委員会の会員企業紹介

同友会について詳しく知りたい方はこちらをクリック